在ると無いでは天と地ほどの差が!ハッキング対策

■ ソフトウェア紹介 ■

トップページ ->安全にデータ送信できるプライベートメール・グループ機能

安全にデータ送信できるプライベートメールグループ機能

データ暗号化によってファイルのメール添付が安心に。
メールに添付する資料などのファイルが暗号化できるので、ファイル添付をしてメールを送信するときでも気を使わずにそのまま送信することが出来るようになるのですが、「ハッキングプロテクト5」では相手のPCに同じソフトや「PDディクリプター」(プライベートメール・グループ形成ソフト)、ハッキング対策USBメモリー「フィンガーエイト」があれば専用のメールグループを形成することが出来るようになっています。

このメールグループ内では別のPCで暗号化されたファイルであったとしても、グループ内であれば複合化が自由に行えたり、それぞれのPCで編集が可能になったりします。
CCメールなどで、同時に複数の相手に資料を送らなければならない場合などある場合に便利な機能となりそうです。


プライベートメール・グループを形成することで、安全なメールの送信システムが構築できる。